「ポロ」に気筒休止システム搭載したブルーGTを初公開

「ポロ」に気筒休止システム搭載したブルーGTを初公開

ジュネーブモーターショー12において、気筒休止システム搭載した「ポロ・ブルーGT」が初公開されました。

【ジュネーブモーターショー12】VW ポロ にブルーGT…気筒休止システム搭載のエコスポーツ

環境性能を追求した『ポロ』の新グレード。フォルクスワーゲンが新開発した気筒休止システムを、同社の市販車に初搭載したのがポロBlue GTだ。
注目のエンジンは、直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」。最大出力は140psを発生する。
気筒休止システムは、エンジン回転数が1250-4000rpmの範囲かつ、2.5‐10.2kgmのトルクが引き出されている状態で、4気筒のうち2気筒を休止するというもの。
これにより、欧州複合モード燃費は21.28km/リットル、CO2排出量108g/kmを実現。フォルクスワーゲンによると、最大で約0.9km/リットルの燃費改善効果が期待できるという。

GTIではなくGTに気筒休止システム搭載のエコスポーツとは、想像していなかったです。

しかも、もともと日本(確か最初はホンダ)の技術である気筒休止システムを採用するとは。

それよりも内装色のブルーが、現グレードのTSIの真っ黒な内装と異なり、とても新鮮です。

フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGTの内装

フォルクスワーゲンも、色々な内装色が選択できるようになれば、さらに魅力がアップすると思うのですけどね。

関連記事:

  1. フォルクスワーゲン「up!」にブルーモーションを追加! まだ日本では未発売のフォルクスワーゲンの新世代コンパクトカー「up!」に、究極の環境性能を追求したエコグレード「ブルーモーション」が追加されるそうです。 up!のブルーモーション、エンジンは1.0リットルで最大出力は6...
  2. ポロの大幅改良モデル発表【ジュネーブモーターショー14】 噂にはなっていましたが、ポロの大幅改良モデルが「ジュネーブモーターショー14」で初公開されます。 【ジュネーブモーターショー14】VW...
  3. ついにフォルクスワーゲン車にもマニュアル トランスミッションモデルが設定! ついにフォルクスワーゲン車(ポロGTI/ゴルフGTI/ゴルフR)にもマニュアル トランスミッションモデルが設定されることになりました。...

投稿者:Tetsu

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ